「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついににっぽん登場!
にっぽん登場までには、
伯爵様になっている予定だったのですが、
おしごとが強烈に忙しくなってしまったのと、
ぱそこんが強烈に絶不調になってしまい、
インできたのはにっぽん登場の前日でした><

当然伯爵様はまだまだはるか彼方…。゚(゚´Д`゚)゚。

嘆いていても仕方がありませんので、
いま受けることのできるインド洋/東南アジアの財宝クエストをひととおり終わらせ、
帰りのお土産を探していますと、
サファイヤ84セイロン

セイロンでいい感じのサファイヤをみつけましたヽ(´▽`)/~♪

これを購入したところでその日はおしまいにし、
翌日はにっぽんのダウンロード、
そして…そのまた翌日にとうとう待望のにっぽん登場の日を迎えましたヾ(´ー` )ノ


宝石を抱えている状態ですので、
にっぽん開港の勅命…なんてできるわけもなく、
とりあえずよろっぱへ向かおうとしてセイロンを出港した直後、

ぱそこんが固まった後強制再起動されちゃいました…。゚(゚´Д`゚)゚。

セイロンから出港して舵を切る前でしたので、
船はそのまま直進…
すなわち、ポーク海峡(インドとセイロン島の間の海)に向かっていくことになります。

そこはNPCの巣窟、しかもインド洋は無法海域中;;

出港直後(固まる直前)に検索をかけていて、
海賊様がいらっしゃらないことは確認していたので、
無事であることを祈ってたのですが…


急いでインしてみますと、
王妃もフリーダも船員ゼロで白旗を揚げていましたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


買ったばっかりのサファイヤは700個以上が奪われていましたが、
宝石でしたらもいちど買いなおせばすむ話です。

あわててアイテム欄を確認しますと、
なにかがない…

持っていたアイテム数は45個だったのでひとつなくなって(奪われて)います><

なにがなくなっているのかぜんぜん思い出せなかったのですが、
今では入手不可能になっている赤たまごとマンジェリコの小鉢が無事だったのでちょびと安心^^;


とりあえず船員を救助してコチンあたりへ寄港しようと動き出しますと、
目の前におふらんすの海賊様が…。゚(゚´Д`゚)゚。


この海賊様にしずめられちゃったのかしら…
でも、インした直後も検索かけて海賊様はいないことを確認したし…
聞いてみようかしら…

などといろいろなことを考えましたが、
この状況(無法海域で、船員数人で動くに動けない状態)で襲われるとひとたまりもありませんので、
ものすごく不本意ながらそこで(海上で)ログアウトしちゃいました…><


マシントラブルが原因とはいえ、
こーゆうログアウトの使い方ってよくないと思うのですよね…><
やってはいけないって思うのですよね…;;

海の神様ごめなさいm(_ _)m



翌朝ちょびとだけ早起きしてなんとか体勢をたてなおし、
今は奪われた宝石を買い戻すためぺぐでるびの相場待ち中です^^;



…さて、なくなった(奪われた?)アイテムですが、
どうやら銀の耳飾りのようですね><
まあ、買戻しができるアイテムだったのが救いでしたね~^^;


そんなこんなで、
えるおりえんて初日は大波乱の幕開けでした;;
スポンサーサイト

さて、次は…
開錠がR11になって、
あらたにできるようになった考古学・宗教クエストはみっつありまして、
『なんでもバターのように切ってしまうマン島の魔剣』『マヤのピラミッドに眠る王墓』、
そしてもうひとつがこれ!
これでいったんおしまい^-^

地理の連続クエスト『ハワイキシリーズ』の続きのひとつですね~^-^

現代の冒険家もびっくりの『カヌー・太平洋の旅』ですwww


これで、
いまのわたしができる考古学&宗教クエストはぜーんぶ完了です♪



さて、つぎはどうしましょう…



やってみたいこと、いずれやらなきゃなことを並べてみました。

・王妃の海事レベルアップ+名声アップ →爵位ひとつ・名声合計480,000まで
・王妃+フリーダの陸戦修行 →応用剣術・投てき術R10くらいまで
・フリーダの交易レベルアップ →商用大型くるっぱまで
・おかねもうけ →王妃が投資爵位をもらえるくらいまで
・フリーダの採集スキルレベルアップ→カンストまで
・そのまま別ジャンルの冒険続行→スキル枠どうするの?
・王妃の会計スキルアップ→カンストまで

…といろいろありまして悩んでしまいます^^;;


王妃の悲願は『会計カンスト』と『伯爵叙勲』のふたつ。

『会計カンスト』については、
熟練あと4000程度ですのであわてなくてもなんとかなるかなぁと思っていますので後回しw

爵位については伯爵叙勲まであとみっつ。
わたしの出世イメージは、
さいしょに冒険でひとつ、投資でひとつ、
さいごに名声かせぎつつのーきんでひとつ。

投資は金額のめどがおおよそ立っていますのでおかねもうけは急がなくてもよさそうです。

冒険で出世しようとしますとあらたな学問を学ぶ必要があるのですが、
スキル枠が…><


としますと、

フリーダに海事をさせてスキル枠を確保して冒険続行!

がふたりの向かう方向になりそうですね^-^


陸戦や採集スキルアップはまた別の機会にしましょうww





…とそのまえにやっておこうと思っていたことがふたつ!

ひとつが、
フリーダの副官探しです。

フリーダの副官、
スキル枠のために一応4人雇ってはいたのですが、
育てていたのはふたりだけで残りはおうちでお留守番><

フリーダの海事レベル上げに副官もつきあわせられれば一石二鳥ヽ(´▽`)/ですので、
戦力になりそうな副官をふたりえらびます♪

副官へのおべんと♪

副官さがしへ行く前に副官料理をひととおり準備^-^-^-^-^
元の料理から作ると結構時間がかかっちゃうのですけれど頑張って作ってみました♪
雇ったらすぐに振舞ってあげられるほうがいいですもんね~




熟考したけっか、ひとりめは…
せいぶつ学者のソニアちゃん

せいぶつ学者ソニアちゃん♪
生態調査・採集・釣り・投てき術…フリーダに必要なスキルが揃っていましたヽ(´▽`)/~♪


そして、もひとりが…
機雷まきまきゴドおじさま^-^

偵察屋さんのゴドおじさまw
機雷のある副官がほしかったのですが、
ゴドおじさまは操舵があったので選んでみました~
(操舵+1と機雷敷設+1は共存できないので意味がないといえばそうなのですけど…><)


結局ふたりともポルトベロ出身になっちゃいましたねwww



遠出したときはもちろんおみやげを忘れずに♪
砂金100ジャマイカ


ジャマイカで砂金を買って、

落とし場所なんとか見つかった^-^

金細工をつくり、
ヴィスビーでこんな相場で手放しました♪

金細工はつくるのがタイヘン^^;

砂金→金細工の交易、
相場探しなどであまり手間取らなければいいのですけれどね~^^;


フリーダの海事前にやろうとしていたこと、
残りのひとつは次回にて^-^-^-^-^

ジェノヴァお悩み相談室
───ジェノヴァ

人口58万人でイタリアでは6番目(ローマ・ミラノ・ナポリ・トリノ・パレルモの次)の規模。
天然の良港をもつため古くから都市として発達、
『ジェノヴァ共和国』として地中海の覇権をヴェネツィア等と争う。
特に金融業では欧州全土に権威を揮い、
16世紀(まさにDOLの時代です)にはその繁栄が頂点に達する。

その後、フランスに編入されたり自治を失ったりするものの、
今ではイタリア最大の貿易港として発展を続けている。

新大陸を発見したクリストバル・コロン(クリストファー・コロンブス)はこの街の出身。





こんな大都市ですから、
悩み事をかかえる方もそれなりにいらっしゃるわけでして…
意味深…




貴婦人サマからの依頼をお聞きしに行きますと、
記憶のかなた

思い出は忘却のかなたに…

幼いころの出来事だから思い出せないのかしら?
それとも、この貴婦人サマがちょっと…なのかしらん^^;


とにかく、
そのお手紙の差出人について聞き込みします。
旅する執事

彼が雇い主のもとから去ると、
その記憶も雇い主から去って行く…

よほど存在感のない方なのか、それとも魔法使いなのかしらん(笑


その彼がジェノヴァに来ていたようです。
はっぴーえんど??

記憶の鍵が開けられて…


都合のいい展開なのはまあさておきまして(笑、
とにかく貴婦人サマのご希望に添えるようでなによりですが…

その『旅する執事』サマ、
どして「お会いするのは最後」なの?

一度しかお会いできない理由はなんなの??


いろいろ疑問はあるのですが、その疑問には触れられることなく…
どうしてこうなるの??

「いつかあなたは…喜んであなたに仕えましょう」




いつわたしがあなたを誘ったのよ!!!




お嬢様にあなたを探してって頼まれただけなのに…

こんなにあなたのことを快く思ってくれているお嬢様のもとへ行けばいいじゃない!!





…と、よくわからない展開で、
忘却の紳士

彼はリスボンで働いています^^;






やれやれ…なんて思っていますと、
たて続けにジェノヴァで悩み事相談の依頼が^^;
旅芸人


とにかく団員にお話をうかがいます。
みんなの気持ち


うんうん、みんな心配してるのね;;

どうしてあげたらいいんだろう…そゆことみたいですね。



んで、わたしどうしましょう?
えーーーっ!


・・・・・・

わたしどろぼうするですか??


とゆうか、
奥様の眠る自宅にでしたら、
なによりご本人が真っ先に向かうでしょう普通???


わたし(´・д・`) ヤダ


といっても当然許してはもらえずその自宅に向かうのですが、
奥様ひとりバイオリンとともに;;



わたしが先に手紙読んじゃだめじゃない><


奥様だって、
まっさきにご主人がここへ来て手紙を見てくれるものと思ってしたためているのに…;;



…とにかく、
奥様は「これからは私と一緒に…」とおっしゃってるのですよね。




ですのに、
・・・


奥様の思い出とともにジェノヴァで余生を過ごせるように、
これが団員皆様の希望でしたよね??


わたしジェノヴァに住んでるんじゃないってば!!!!




まあ…バイオリンさえあれば、というのでしたら、
身寄りのない座長

リスボンに来てくださいませ~
執事は8人もいますので寂しいことはないと思いますきっとwww




…でも、
思い出のバイオリンと開封された手紙をみせられたら、
どれだけ温厚な方でもものすごく怒るでしょうね~^^;


このおはなしは…とゆか、執事物語は強引な展開が多いなぁとゆう気がします^^;;

騎士って爵位なの??
さいきん気前がよくなったのかしら・・・
さいこー騎士爵♪

ブラガンサ様がまた爵位をくれましたヽ(´▽`)/~♪

数えてみますと、
冒険で7回目みたいですね~^-^-^-^-^

wikiで調べてみますと、
もう1回くらいは冒険で爵位をもらえそうですね♪

-------------------------------------------------------------------------------------
<wikiより抜粋>
冒険勲功値50,000で5回目の叙勲。
以降、100,000、150,000、200,000と50,000おきで8回目まで。
9回目以降は300,000、400,000…と100,000ずつになっちゃうみたいです;;
-------------------------------------------------------------------------------------

おつぎはいよいよ准男爵♪
でも、なんだか中途半端さを感じてしまう”准”っていったい何??
と思いまして調べてみますと…


この大航海時代よりもう少し遅れた17世紀の初め、
莫大な借金を抱えていた英国が金策の為に『爵位売買』なるものを行ったとか。
その『爵位売買』をより行いやすくする為、
”准男爵”というものを新たに設置したそうです…

こういった事情ですので、
英国以外には”准男爵”みたいな中途半端な爵位は設置されておらず、
当の英国も今では(法律上は)爵位として認めていないです;;
(社会的には爵位として(貴族として)見られているみたいですけれど…^^;)

ここ最近を見ましても、
英国で准男爵を叙勲された方は”鉄の女”のだんな様だけみたいです。



…次の爵位がこんなアヤシイ爵位だとわかっちゃいますと、
ブラガンサ様にお呼ばれしてもうれしさ半減かも^^;








…ん?

准男爵は爵位として見られていない!?
とゆことは、それより下の騎士爵も爵位じゃないのかしらん??

とゆことでもいちど調べてみますと…


『騎士の称号を叙勲』とは、
様々な功績に対して『栄典(勲章)を授与(=叙勲)』するのであって、
『爵位(世襲可能な高貴な身分)を授与』とは違うようです。

なので騎士”爵”って日本語訳はおかしいのだとか><
(爵位じゃないので”爵”ってつけるのは変ですよーってことみたいです)


つまり大航海時代のなかでのわたしは、
騎士として尊称で”Dame”(”Sir”の女性版です)とは呼んで貰えるけれども、
決して高貴な身分…貴族ではない、とゆことなのですね^^;



その騎士の称号、
基本的には生存中に戴く勲章なのだそうですが、
英国では初めて故人にその勲章を叙勲させるかどうか検討しているようです^-^-^-^


その故人とは…


7年前の本日11月29日に天に召されたビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスン。

ビートルズのメンバーでは既にポール・マッカートニーが叙勲されていますが、
もしジョージが叙勲されればグループからは二人目ってことになりますね♪


ビートルズ解散後最初にソロで成功したのも、
最後まで世界的ヒット曲を送り続けたのも実はジョージなんですよね^-^-^-^-^

その息の長い活躍から、

「最も長い間ヒットを飛ばし続けた男」

としてギネスワールドレコーズ(かつてのギネスブックです)に掲載されていますヽ(´▽`)/



最近おんがくのお話が続いていて恐縮ですが、偉大な故人をしのんで一曲♪

学校と大海賊
新交易品のお値段をしらべたあと、
東地中海の交易品を中南米西岸へもっていって価格調査♪

なかなかですね~^-^


ダマスク織・トルコ絨毯・ダマスカスソード・宝石細工…
カリブや中南米東岸で高く売れるものは、
基本的に中南米西岸でも高く売れるみたいですねー^-^

でも…あんなに遠くからわざわざ運ぶ方はいらっしゃるのかしらん^^;




さてさて、
この交易品の価格調査、
もちろん王妃とフリーダだけでは全世界をカバーできるわけもなく、
場合によっては彼女たちのもうひとつの顔…いわゆる『裏キャラ』を登場させることになります。

裏キャラさんたち、
まだレベルも低く学校通いの身ですので、
インすると同時にスクールチャットなるものに参加します。


満席状態では100名、
会話に参加している方が約30名でそのうち熟練者が6・7人といったところでしょうか。

海にでだばっかりの航海者さん、
結構いらっしゃるんですよねヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪

しかも、
皆様うまく助け合いながら遊んでいらっしゃいます^-^

”すっとこほるむず”(完全に死語ですよね^^;;)没落の後、
全盛を極めました”ジェノヴァスクール”、
この学校茶室の中で頻繁に募集しながら続いていっています^-^

中級過程での”3人艦隊クエスト”、
助けを求めますとあっという間に10人ぐらい集まってくださいます^^;

質問なんかも熟練者さんが答えてくれますし…

学校茶室、
こうやってみますといい使われ方だなぁっておもいますねー^-^



その学校茶室の中でたまに話題になるのが、
危険海域で活躍中の海賊様のおはなし。

ある時話題になっていたのが、
大型くるっぱを操って暴れていらっしゃった英国出身の老舗の海賊様。

またあるときに話題になっていたのが、
カリカット前で出待ちしていらっしゃったフランス出身売り出し中の海賊様。


こういった話題がでるたびに、
若い航海者様たちはすごく怖がられる(わたしも怖いですが;;)わけですが、





そんなとき…

▽◆■◎●▲▽>海賊とかおっかないよネー

このコメントをくださった▽◆■◎●▲▽様、
かつては知らない方などひとりもいらっしゃらないくらいの大海賊様なのですが^-^-^-^-^

アンタがそんなんゆーかぁフツー

というツッコミが当然あるものとばかり思っていましたが、
このコメントに対して「www」とかる~くツッコミを入れたのはわたしだけ…

知らへんの?ホンマにこの名物海賊様知らへんの??



Z鯖世界史の1ページを彩ったこの大海賊様のことを誰も知らないなんて><
それだけこの世界が長く続いているということなのでしょうけれど…なんだかとてもさみしいです;;


このあと、
「www」とツッコミをいれたわたしに対して、

▽◆■◎●▲▽>なんで笑うんww

と切り返され、

アンタがそれゆーたらあかんやん!

とはさすがに言えず…
(皆様知らないんだから、ここはそっとしておかなきゃと思っちゃって^^;)


そのあと少しその大海賊様とお話させてもらいました♪
本当の海賊様とお話しするのはこの世界へ来てはじめてですね~^-^

話せばふつうの方(ブログはものすごく面白い方です)…なんですよね、あたりまえですけれど^^;



話題に出てきた海賊様に襲われたおはなしとか、
その海賊様にまつわるおはなしとか、
あたらしい人が増えてくるのはいいね!とかお話されていらっしゃいました。

あたらしい航海者さんが増えるのはもちろん大歓迎!なのですけれど、
わたしはあなた様のような方が帰ってきてくださったこともすごくうれしいですヽ(´▽`)/~♪



…もちろん、危険海域では決して会いたくありませんが(笑
Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。