「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジキ釣り
カリカット・アデン・ザンジバルを回りながら、
インド洋付近の地理クエストをちまちまこなしています^-^

まだ発見物500^^;


そんな最中、
ようやく発見物が500になりましたヽ(´▽`)/~♪
でも、まだたったの500なんですよね^^;

発見物コンプリートなんて夢のまた夢…

なんて考えつつ、
地理クエストの合間に釣り上げていない珍種のおさかな達を探し回っています~

インドの南、
チャゴス諸島発見(クエスト『大海原の真ん中』)のついでに
また☆☆☆☆☆釣れた♪


セイルフィッシュを釣ってきました♪
カジキの仲間だそうです。


お次は、
モーリシャス諸島発見(クエスト『マダガスカルの東』)とあわせて…









……






と言いたかったのですが、
王妃もフリーダも釣り上げた際のSSを撮りそこねてしまいました><
釣り発見物イチの大物でしたのに…とてもざんねん(´;ω;`)ウッ…

せめて、発見物説明のSSだけでも^^;
くやしいので説明だけでも…


しろかじき」とありますが、
釣り上げたおさかなは「ぶらっくまーりん」です(笑


そうやって釣り&地理クエストをこなしているうちに、
砂漠の交易都市


たまにはよろっぱ方面へ帰りなさい!ということでしょうか…^^;
引いてしまったものは仕方ないですので大西洋へ向かいます。

ソンガイ帝国へ続く川


大航海時代の旧作では、
ニジェール川をさかのぼることができたり、
陸地にのぼってジェンネやトンブクトゥに行くことができたんですよね~

この時代では、
ニジェール川沿いの都市(ジェンネやトンブクトゥ)はサハラ砂漠最大の交易都市だっただけに、
そこまで行けないのはちょっとざんねん^^;

ちなみこの両都市、
いまでは人口1万人程度の貧しい村になっちゃったそうです><


せっかく西アフリカまできましたので、
サンジョルジュ発の地理クエストをこなしておきます。

といっても、
サンジョルジュでしか受けられない地理クエストはふたつだけなんですよね~^^;

ひとつはアセンション(クエスト『若い男の悩み』)。
アフリカのプライベートファームがある場所ですね^-^

もうひとつはセントヘレナ(クエスト『大海に浮かぶ孤島』)。
よろっぱを制したフランスの英雄がここへ流刑されるのは、
この時代よりずっとずーっと先のお話ですね…;;


ふたつの地理クエストをこなしたあと、
北上してカーボヴェルデ諸島の真ん中で、
今度はばっちり!


もひとつカジキを釣り上げます♪
カジキシリーズは経験値がたくさんもらえてヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪


その後ひさびさによろっぱへ戻り…
家の改装ができます^-^


フリーダがありがたく叙勲ヽ(´▽`)/~♪
これでさらに家の改装を進めることができますね♪


もちろん、
おみやげも忘れずに♪


遠距離交易は忘れずに♪
スポンサーサイト

インドネシア横断航路
ジャカルタで受けることのできるオーストラリア方面の地理クエストは、
海あり、島あり、砂漠・台地…と場所もカードも変化に飛んでいて楽しかったのですが、
東南アジア方面だと、
たまには川もあったりはするものの…
東南アジアの大河川


ほとんどが海と島ばかり^^;

それはそれでもちろん楽しいのですが、
オーストラリアが凝った内容(凝ったカード、というべきかしらん)だっただけに、
他の地域も意外な名勝があればいいのになぁ…なんて思ってしまいます^^;;

とゆことで、
いまは東南アジアならではの島巡りを堪能してます♪

インドネシアを西から東へ横断の航海です^-^
これって一応連続クエスト形式(前提、前提…で続きます)になってるんですね~@@;


インドネシアのメイン4島をまとめてこう言うそうです…『列島横断航路』
おっきなよっつの島



スマトラ島の東、
バリ島より東側はこう呼ばれています…『列島のさらに東へ』
ちっさな島いっぱい



小スンダ列島の東端、
「世界周航イベント」では皆様かならず立ち寄りますよね…『列島の東端』
小スンダ列島のはしっこ



インドネシアの東の果て、
東半分は今ではパプアニューギニアという国です…『太陽の昇る場所』
東の果てのおっきい島



おっきくて、温暖で、希少な交易品があって、だーれも知らない島…『知られざる島』
天国にいちばん近い島♪


この島、
いまではフランス領ですが超人気のリゾート地…ですよね?w
こーいうところで何もかも忘れてぼぉーっとバカンスしてみたいです^^;



さて…

ジャカルタで受けることのできる地理クエストは全部で41あります。
そのうち、
セビリア発の超長距離地理クエスト達成後でないと受けられないものが7つ。
カリカット発東南アジア方面の地理クエストが前提になっているものが4つ。
ですので、
すんなり受けることのできる地理クエストは30ってことになりますね^-^

長期早朝航海のおかげで30クエストこなしちゃったみたいですヽ(´▽`)/~♪


この長期滞在のあいだに…
技術度あがりきちゃった♪


王妃の牧場での各技術度が満杯になりました♪
でも、出てきて欲しい生産物はなかなか現れてくれず…><
まだしばらくは開発が続きそうです><


そして…
気前がいいね^-^


大英帝国がフリーダにまた爵位をくれるそうですヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪


でもしばらくは、
よろっぱに帰らずインド洋で地理クエストを楽しむことにします~^-^

東南アジアでもさかな釣り
あいかわらず、
ジャカルタ発の地理クエスト&釣りを楽しんでいます^-^

東南アジアで釣ることのできる珍魚は6種あるようでして…

たまかい


ニューギニア島(ルンの東にあるおっきな島)で釣ることのできる「たまかい」、
ホントはインド洋や太平洋のあちこちの浅瀬にいるようです。

室戸岬で、
猟師さんの網にかかっていたとかなんとか、そんなお話もありましたね^^;


かんむりぶだい


ティモール島(ディリのある島)のちかくで釣れる「かんむりぶだい」。
なんでも食べるそうですが、
生きたサンゴもエサにしちゃうそうです^^;


るりはた


なんとなくですが、
ねったいぎょっぽいお姿の「るりはた」。
カリマンタン島の東で釣ることができます♪
でも、ハタでしたら、
もっとかわゆいのが他にもいるのに…後日追加されたりしないかしら?


じんめんぎょww


「るりはた」の釣れる場所から、
もちょっと北へ行きますと釣ることのできる「めがねもちのうお」。
『じんめんぎょ!』なんて思っちゃったのはわたしだけでしょうか^^;

めがねをかけてるっぽく見えるのでニッポンでは「めがねもちのうお」、
海外では、
あたまのコブが軍帽っぽくみえるので「ナポレオンフィッシュ」と呼ぶそうです^-^

香港では高級魚なんですって^^;


こぶしめ


シャム湾とセレベス海の境目付近(セレベス海側のほうね)で釣れる「こぶしめ」、
釣り上げた瞬間に出てくる絵をみて、
なんのおさかななのか一瞬わかりませんでした;;
おっきなイカのようですね^^;

東南アジアのおさかなの中では釣るのに一番てこずったと思いますw


こだいぎょwww


マニラの目の前にある小島付近で釣れる「せみほうぼう」です。

「え!?、これなんやの~?、ホンマにさかななん??古代魚かなんかかな~???」

とか思ってしまいましたが、実物は…
せみほうぼう本物^-^


これみて、

「あ~っ、上からみた絵やったんや~^^;」

とようやくなっとくできましたwww


とにかく、
かわったおさかなばかりで楽しいですねヽ(´▽`)/~♪

次のアップデートで、
釣り発見物大幅追加!とかあってほしいと思う今日この頃です^^;

アベル・タスマン物語
インできる日は、
1日に2~3ずつ、
オセアニア方面の地理クエストを楽しんでいますヽ(´▽`)/~♪

絵がキレイ^-^


『地理クエスト』というだけあって、
移動距離が長くてひとつのクエストを完了させるのに1時間では足りないこともしばしばですが、
わたしにとって船での移動時間ってほとんど苦にならないんですね^^;
たいていは好きな音楽でも聴きながら航海しています♪

それにしても、
東南アジアやオセアニア方面の地理発見物の絵ってキレイですよね~^-^
おなじ絵の使い回しじゃないので結構楽しみにしながら走り回っていますヽ(´▽`)/~♪


そんな、オセアニア方面の地理クエストのひとつ…
あべるたすまん物語


オーストラリアのどこへ行ってくればいいのかしらん?
タスマン日誌


ふむふむ、とある冒険者様の航海トレースをするのねw


―――アベル・タスマン

1603年、フローニンゲン近郊の生まれ。

1642年オランダ東インド会社より、
『(すでに発見されていた)豪州西海岸のある土地はオーストラリア大陸なのか?』
という調査依頼を受け航海に出発。

バダヴィア(=ジャカルタ)を出発し、
モーリシャス(マダガスカル島の右側にある島)を経て豪州南方を航海中陸地を発見。
(「これ以上は進めません!世界の果てですぜ!」と言われそうなくらい南を航海)

その発見した陸地は、
勘違いされた島w


当時のオランダ東インド会社総督”Anthoonij van Diemen”にちなんでこう名づけられました^-^

この時代から約150年後、
ここへやってきた英国人が彼の名にちなんで『タスマニア島』と改称し今に至りますw


大陸だったと思った場所は実は島だったわけですが、
彼の航海には続きがあります^-^
あべるたすまん物語-2


タスマン日誌続編


”ヴァン・ディーメンズ・ランド”を出発して東へすすみ陸地を発見するのですが、
タスマン様はそこを新大陸の南部だと断定してしまいます。
またしても勘違いしちゃったのね;;
しかもそこで、
先住民=マオリ族に襲われてしまいます><

うーん…なんだかちょっぴりかわいそうです。・゚・(ノ∀`)・゚・。


タスマン様が訪れた翌年、
おなじオランダの冒険家がこの地を訪れ、
調査の結果ここが島であることを確認しちゃいました^^;

その島では、
島の伝承


名づけの由来を教えてくれます♪
長くしろい雲^-^


マオリ語で、
「ao」=「雲」、「tea」=「白」、「roa」=「長い」、
ニュージーランドの北島を指すのだそうです^-^


その後タスマン様は、
北へ進路をとりトンガ諸島~ニューギニア島の北岸を経て無事バダヴィアに帰り着きました。

翌年、
タスマン様はオーストラリア大陸の北岸の探検をなされますが、
南岸へは二度と行くことはありませんでした。

そしてオーストラリア南岸やニュージーランドは欧州人から放置されてしまい…

次に本格的に探索されたのは100年以上も先のお話になります^^;



いろいろ勘違いしちゃいましたが、
欧州人としてはじめてオセアニアを探検したタスマン様、
なまえ残ってよかった^-^


海にその名前を残すことができて、
なんとなくめでたしめでたしな気がしますww

オセアニアのおさかな達
アジア・オセアニア方面で、
地理クエストを受けつつさかな釣りをしてすごしています^-^

すこし騒がしい土地柄ですので、
さいきんは早寝早起きをして出勤前に航海する『朝型航海者』になっていますww
早朝は空いてて快適です♪
でも、
そのせいでなかなか皆様とはお会いできないですね…><



さて、
地理クエストは基本的には出てきたもの順に受けているのですが、
オセアニア行きのクエストを受けたついでにオセアニア珍魚さがしに行ってきました♪

ぜんぶで6種いるそうですので、
カカドゥから反時計回りに…
ごまふえだい


大陸北岸、
カカドゥから西へ進んですぐの場所です♪
王妃&フリーダふたり釣り上げるのに数分でした^-^これは簡単でしたヽ(´▽`)/~♪


ぐるーっと南岸へまわり、
勘違いされた島w


『大陸と勘違いされてしまった島』のあたりで…
のこぎりざめ


あかまんぼう


のこぎりざめとあかマンボウが釣れますヽ(´▽`)/~♪

王妃は以前に釣り上げてしまっているのでフリーダだけがトライ!

これも簡単だったかも♪


タスマン海を東へ横断して、
長くしろい雲^-^


『長く白い雲』と呼ばれる島へ行き、
かうあい


かうあいを釣り上げます^-^
これもなーんにも考えずすぐに釣れちゃいましたヽ(´▽`)/~♪


ふたたびタスマン海を横断し(今度は西!)、
大陸へ戻って右側の角のところへ行きます。
みぎの角


角の東側で、
れっどえんぺらー


ばらまんでぃ


紅い皇帝とスズキ君を釣り上げるのですが…

この2種、
★ふたつなのでそれほど難易度が高くないものだと思っていました。
ところが、
どちらも王妃&フリーダで釣り上げるのに約1時間…;;

ホンマにここで釣れるん??wiki間違ってんのんちゃうの><

だーれもいない海で、
ひとり不安になったり心細くなったり疑心暗鬼になったり…(´Д⊂グスン

ここまでの釣り行脚の中で一番の苦戦でした><
Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。