「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太平洋シリーズ
地理クエストも、
残りあと9件(中南米西岸導入前で、ですが^^;)!

セビリア発の超長距離クエスト2件と、
それにつらなるジャカルタ発の地理クエスト7件です。

その超長距離地理クエストのひとつ…
へいわな海

またヤーディンですか><


世界周航完遂の翌年、
生還者へのインタビューを元にした世界周航に関する書物が刊行されています。

研究がまったく進んでいませんって?w
よくもそんな白々しいことを…(`・ω・´)

しかも、またヤーディン><



余談ですが、
世界周航イベントで出てくる「ピガフェッタの手記」、
この手記の全容がオープンになるのは、
マゼラン艦隊の世界周航から200年以上経過した18世紀後半だそうです。

原本はすでに紛失しているとか…ホントに残念;;



遠いなぁ…と思いながらも現地へ赴き、
マゼランの思い出話に耳を傾け、
マゼラン第二の苦闘

まあるぱしひこ

ひろいひろーい海を発見♪


そして、
この広い海をマゼランとは逆に西から東へ攻略しよう!というプロジェクトに巻き込まれますww
島探し第一弾

変な虫がついちゃいました><


マゼランの道のりを逆にたどっていこう、ということですか^^;

ミンダナオ島(ダバオのある島です)から東に進んでいきますと…
北に向かうと日本です^-^

情報をくれたアヤシイ男の言うように諸島が見つかります^-^

この諸島、
真北へずぅーっと進んでいきますと日本にたどり着くのですが…
ホントにたどり着けるようになるのはいつのことかしらね^^;




そして、
せっかく島を見つけたにもかかわらず話は急転;;
別航路をさがすのね;;

手がかりがないのは、
島がないからじゃなくって、
『世界の果て』とかいう見えない壁にぶつかっちゃうから…とか言わないでくださいねww

いずれ北太平洋がオープンしたときには、
『忘れ去られた航路』とかいうクエストで続きが復活…だったりして^^;


とにかく、
ニューギニア島の北側じゃなくって南側からなんとかしなさい!ということらしいですw

ルンで情報をもらいます。
どこまで行けるか!




「○△クン、◇■▽まで行ったんやって~@@;」
「え~っ、でも◎□クンは▲□●▼まで行ってきたゆうてたで~っ」
「うそーっ!!」

幼いころの会話をふと思い出してしまったのはわたしだけでしょうか(笑


とにかく、
船乗りの価値を見せつけるために目的の島を見つけてきます♪
にゅーへぶりです

『バヌアツ』は現在のこの地の国名で、
この付近の島々はニューヘブリデス諸島といいます。

バンジージャンプ発祥の地ですね^-^-^-^-^



さらに…
まだまだ東へ!

双子島へ!


日付変更線のちかくですw

さんご海とサモア海盆の境界線付近にある双子島まで到達しました♪

この境界線、
おおよそ東経180°あたり…つまり日付変更線付近ですねー。



ルンの船乗りたちですら未踏の”さらに東の島”は、
書ききれなくなっちゃったのでまた後日に^^;
スポンサーサイト

Long distance voyager
”Long distance voyager”

わたしがよく使っている-18%商大くるっぱの船名です。
交易品を積まないときはこの船に乗っています^-^

かなりの脚力を持っていますので、
”長距離航海”用にと名づけたのですが、
長距離地理クエストを日々こなす現状にピッタリ当てはまってしまいましたね^^;

この船名、
とある英国出身ロックグループの大ヒットアルバムタイトルから頂戴いたしました♪

「旅」をテーマにしたこのアルバム”Long Distance Voyager”のヒット時期と、
宇宙を旅していた衛星探査機「ボイジャー」が土星に接近した時期が全くいっしょなのは、
わざと狙ったものなのかしら?それとも偶然…??




まあ、昔むかーしの音楽のおはなしはさておきまして…




船名通りの「長距離航海者」となって世界中を東奔西走しています^-^

あるときは、
超長距離地理クエスト><


インド洋を縦断して文明発祥の川探し^^;
文明発祥の川


インド方面へ向かった場合はおみやげ探しも楽ですよね^-^-^-^

現地でペルシャ絨毯が安く買えるようでしたらそれでもよかったのですけれど、
結局インド方面まで出てきて…
カリカット⇒リューベック

サファイヤ売却♪

香辛料全盛の時代ですけれど、インド宝石も十分おいしいです♪



またあるときは…
ふしぎふしぎ


カリブの果てまで旅させられ、
経験いっぱい^-^

海流なんてどうやってみつけんの??とひとりツッコミww


カリブ方面のおみやげはいろいろありますよね~
金・砂金・オパール^-^

このときは、
オパールがまずまずの値段でしたので積み込んで北欧で売ることにしましたが…
メリダ⇒ベルゲン⇒オスロ

もちょっと稼ぎ欲しいね;;


北欧で売る限り、
オパールよりダイヤモンドのほうが高く売れちゃうのね;;

↓はダイヤモンドの同盟港北欧売りのときの相場。
ダイヤモンド112リューベック

いまさらですが、
オパールよりは金か砂金(⇒金細工にします)のほうが利益は大きそうですね^^;

金をハンブルグ好相場で手放すのと、
金細工を北欧好相場で手放すのがおおむね互角…だったと思います。
(敢えてSSのせなくてもいいですよね)

また、
鋳造で砂金を金にするという方法もあるそうですが、
わたしは鋳造を持っていないのでそのあたりはよくわかりません;;



そのオパールより勝っていそうなダイヤモンドは…
ややこしいよね^^;


アフリカ行きを命じられ…
栄光の礎


アンタがいちばん詳しいはずやのに、
なんでアンタ自身が教えてくれへんのー(`・ω・´)



とまたひとりツッコミしながらも発見した後に…
サメがいっぱい釣れますw


金・真珠・砂金がダメな場合積み込んで帰ります^-^
ケープ⇒ストックホルム

これなら十分♪


これくらいの値段で売れればダイヤモンドとしては文句なしヽ(´▽`)/~♪




…とこつこつ長距離交易地理クエストをこなしてきたおかげで、
とうとうよろっぱ発の地理クエストはあと2件!
おかねもある程度たまってきましたヽ(´▽`)/~♪


(新地域導入前の)地理クエスト制覇も近づいてきましたね♪

南米マラソンシリーズ
中南米西岸がオープンしましたね~^-^
皆様は勅命の真っ最中なのでしょうか?

わたしはすぐ人あたり(!?)してしまいますので、
こういうとき(大混雑になりそうなとき)は別の地域へ避難しちゃいます;;
人ごみ苦手なのです><

ポルトガルの皆様、
開拓に非協力的でごめんなさいm(_ _)m

新港へ行ける様になりましたら、
投資という形でお国のために働きますので…^^;




…とゆことで、
南米付近がにぎやかになる前に、
どこの無人島?

チュニス発南米行きのクエストを東地中海からの帰路に引いてみました^-^

情報を取って…
南米の果て

うみどりの楽園


フォークランド

うみどりの楽園を発見♪

後年、
サッカー界でイングランドとアルゼンチンとの一戦が妙に盛り上がるのは、
この島にまつわる因縁のせいなのでしょうか…;;

このクエストのうしろにいくつかの生物クエストがあるようですので、
生物スキルを取ったときの楽しみにしておきましょう^-^



そしてよろっぱに帰還して…
難関への挑戦!

とうとうマゼランシリーズを引いてしまいましたww


…といいましても、
内容は世界周航クエストとなんら変わりはないですね~。
当然といえば当然なのですが^^;

以下、マゼラン様の奮闘を再確認したい方のために^^;;
世界周航イベントといっしょ!


今も昔も難関です><

いまごろは、
ここを言ったりきたりする航海者様でごった返しているのかしら…




そして、
マゼランシリーズの番外編!
ふらんしすどれいく

第二の世界周航…とありますが、
これには『独力での』と付け加えたほうがいいのかもしれませんね~



世界周航イベントの主役・エルカノは、
帰還して数年後、西回り航路を利用した香料諸島への遠征艦隊に水先案内人として参加します。
(マゼラン艦隊が帰還してから最初の遠征隊です)

エルカノはマゼラン海峡を通過した後、
太平洋上で栄養失調により絶命してしまうのですが、
この艦隊のうちの一隻が香料諸島になんとか流れ着きます。

この船員たちはほどなくポルトガル人に捕縛され、
ポルトガルの手によって祖国への強制送還…一応は帰国を果たします。

自力ではないにせよ、
第二の世界周航はこのクルー達なんですね@@;

ですので、
この地理クエストの主人公…フランシス・ドレークは、
『第二の独力による世界周航達成者』とゆことですね~


以下、竜の化身の前半生です^-^
竜のあらまし

いすぱにゃーんが狙われ続けたのは、
若いころ彼の乗っていた船がイスパニアに襲われ壊滅させられたからだそうです;;

その竜の化身ですら恐れた難所中の難所、
しゅりーきんぐしっくすてぃーず

いつも荒れているために、
”shrieking sixties”(絶叫する60°)と呼ばれているとか;;


ちなみに、
この海峡には「ホーン岬」という南米最南端の岬があります。
その「ホーン岬」の少し北西に「偽ホーン岬」という、
うそかホントかわからないような岬が本当にあります^^;

ドレイク海峡を西から東へ抜ける場合(太平洋⇒大西洋の場合)、
この「偽ホーン岬」を「ホーン岬」と勘違いしてしまうそうで、
(はじめて通る航海者には見破れないそうです;;)
「偽ホーン岬」を通過して安心していると、
目前に本当の「ホーン岬」がある諸島が現れ、
あわてて進路変更しようにも強風に弄ばれあえなく難破…という船が相当あったそうです><

ドレイク海峡は現代でも通過するには最難関の海峡と言われている所以です;;



竜の化身は帰国後、
騎士爵とともに海軍中将の位を授かり、
さらにプリマスの市長にもなります。
その数年後に起こったイスパニアとの海戦…アルマダの海戦では、
副司令官(実質は総司令官だったそうです)としてイスパニア無敵艦隊を葬る活躍をみせます。


こういう方をモチーフにしたクエスト、
1話完結で終わっちゃうのはちょっともったいない気がするのはわたしだけでしょうか^^;

釣り発見物制覇ヽ(´▽`)/~♪
さいきん、
おともだちがまーじゃんに誘ってくださいまして、
夜12時を過ぎるころから大航海時代まーじゃん部屋でつわもの達に遊んでもらっています^-^

半年ぶりだったせいか、
最初は3面待ちがみえない・泣いて手が遅れる・フリテン連発などどうしようもない状態でしたので、
こっそりひとりで訓練の日々^^;

訓練の結果かどうかはわかりませんが(きっと違うと思いますが^^;)
こんな強運にも助けられ、
こくしむそう^-^-^-^-^

上流になった♪

運よく上流にまで出世しましたヽ(´▽`)/~♪
でも…みんな強いのですぐに落っこちそう;;






それはさておきまして…


東地中海での地理釣り行脚に着手しました^-^

まずは、
地中海の大物

地中海に君臨する魚類の大物を釣り上げます^-^


それから、
あちこちの名勝を発見しつつ…
砂漠の大河


砂漠の大河へ行き、
ヘンなふぐ


中流付近でヘンな顔したフグと、
ナイルの最奥部

上流でアロワナを釣り上げました♪

ナイル川にはナイルパーチもいるのですが、
それだけは以前に釣り上げていたみたいです^^;


さらに、
今でもこわい病気です;;


ホントはペストの研究なんかしたくはないのですけど…


数百年後に大戦争が><

ここで”白衣の天使”が大活躍するのはもっともっと先のお話ですね^^;


で、発見のついでに、
またナマズ^^;

ナマズ釣りwww
釣り発見物にナマズやカジキが多いのは気のせいでしょうか…^^;

最後に、
黒海の北・アゾフ海の一番奥で…
キャビアのおかあさん

キャビアのおかあさんを釣り上げて…

これで釣り発見物制覇ですヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪


学問制覇からみると規模のちいさな”○○制覇”ですが、
ひとつのことを極めるのはちょっとした充実感があってうれしいですね~♪

地理好きオランダ人のわがまま
地図好きのオランダ人から、
オランダ人のわがまま①

こんな依頼が来ましたので受けてみました^-^


オランダへ行きお会いすると…
オランダ人のおねがい①

南米へ行って来いと言うのですね…^^;
しかも、バイーアからアマゾン川はちょっと遠いんじゃないかしら;;

まあ、
南米へ行っておかいものして来なさい♪と言われたのだと思い込むようにして出発ww


…と、その前に、
この地理好きのオジサマについてちょっと^-^


―――ゲラルドゥス・メルカトール

1512年、
フランドル(オランダ南部~ベルギー~フランス北部のあたり)地方に生まれる。
本名はゲルハルト・クレメル。

大学で地理・天文等を学び、
卒業後は地球儀や時計を作って成功する傍ら地図作成にいそしむ。

1538年に最初の世界地図を出版。
この世界地図は世界で初めて…

・『北アメリカ』『南アメリカ』という地名を記載

した地図であり、また、

・アジア大陸とアメリカ大陸を別個の大陸とした

(当時はまだ)数少ない地図だったそうです。

ちなみに、
アジアとアメリカが別個の大陸であるとの証明…、
つまりベーリング海峡が発見されるのはそれから100年ほど先のことです。


彼の地図描画法であったメルカトル図法とは、
地球に円筒を巻きつけ、
その地球の中心に光源をおき、
その光によってできた『陸地の影』を円筒に写したものです。

…なんのことだかわかりにくいですよね^^;

皆様がよく見かける長方形の世界地図、ありますよね?
あれがメルカトル図法…とは言い切れないのですけれど(違う図法のものもあるので^^;)、
基本的にはあんな感じの地図のことを指します。

特徴は『正角性』。

例えば、
出発地と目的地を直線で結び、
その直線と経線(経度をあらわす南北の線です)との角度を測定します。
海に出てコンパスを確認しつつ、
地図で確認した角度と全く同じに進路をあわせて進みますと、
必ずしも最短距離というわけではないけれど必ず目的地にたどり着く…という地図です。

大航海時代にはなくてはならない地図だったと言えますね^-^


―――


…それはさておきまして、

なくなりたくない!

島に意志があるのかないのかはわかりませんが…、
まらじょ島のあたりです^-^

マラジョ島は三角州、と確認^-^


リオの金がもうひとつでしたので、
壺で金を買いセウタで売却♪
まらかいぼ⇒せうた

セウタ大好き-①

壺=マラカイボの金ってなんだか微妙な値段ですよね~^^;
アフリカの金よりは安いのですけれど、
他の新大陸(リオやヴェラクルス)各地よりは高いww
それでもって、
1回で購入できる個数はアフリカ並み(リオほどたくさんはは買えません)…^^;

まあ、わたしはおかいものできればそれでおっけいですヽ(´▽`)/~♪



その後、
オランダの地図屋さんがまたわたしをお呼び出しww
オランダ人のわがまま②

お話を伺いますと…
オランダ人のおねがい②

…おじさま、
ヤーディンってどこか知ってんの?wベトナムの南やでwww
そんな簡単に言いなや!!
そんなんゆうんやったらいっしょにきいや!!!


と思わずつぶやきたくなるお願いだったのですが、
これは香辛料交易してきなさい!という地理クエストなんだと自分にいい聞…^^;


メコン川ってこういう川らしいです^-^
地元のおはなし


遠かった;;

とにかく、
世界4大(!?)超長距離地理クエストのひとつを攻略できましたヽ(´▽`)/~♪


帰りはアンボイナでいつもの香辛料を詰め込みまして、
セウタ香辛料いい感じ♪

今度もセウタがいい感じでしたので、
セウタ大好き-②

王妃でさっさと売っちゃいましたヽ(´▽`)/~♪


超長距離地理クエストも、
おかいもの込みなら楽しくできそうなのがいいですね^-^-^-^-^
Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。