「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4周年(* ‘∇‘)/°・:*【祝】*:・°\(‘∇‘ *)
DOLの世界ができて4年がたちました^-^

いろいろな航海者様が海に出たり、陸に上がったり、
いれかわりたちかわり出入りの激しい世界なのですが、
そんな中、
いつもお世話になっているセビリア2番商館サマが無事4周年を迎えましたヽ(´▽`)/~♪

(*^ー^)/°・:*:・。オメデトウ。・:*:・°\(^ー^*)

4年間の間、
古株の航海者様も若い航海者様もうまく溶け合い、
いつも満席近くの商会員を擁していらっしゃいます。

まとめ役の方がしっかりしていて、
しかもみーんな仲良くやっていかなきゃなかなかこうはならないと思うので、
すごいなぁ…とわたしは感心しきりです@@


そのセビリア有数の大商会が4周年記念でイベントを催してくださるとゆうことで、
わたしも参加させてもらいました~♪


催し物は『クイズ&おかいもの競争』です^-^-^-^-^


2周年記念のイベントでおかいもの競争に参加させていただいたときには、
こわごわびくびくしながらサンジョルジュまでヤシ繊維を買いに行ったような…^^;

今回は、
3人組でクイズに答えて(しらべてもOK)、
正解した順におかいものに行って帰ってくる、とゆうものでした~

ただ、ちょと気になったのは…
みんな分かれて問題

問題作者が左端のトラ頭><

このトラ頭さんから、
ボツになった問題とゆうのを数日前にお聞きしていました。
その問題とゆうのが…

『地球誕生と同時にできた1kgのウラン238、
そのウラン238が今ではウランと鉛になっちゃってるとして、
その重さの比率はどうなっているでしょう??』


とゆうもの><

答えはウラン:鉛=238:206らしいのですが…


そんなんだーれもわかれへんわーっ。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とゆか、それ以前に…

しらべるきっかけもつかめへんって(`・ω・´)


…みたいなことを聞いていましたので、
さてさてどんな問題を作っているのやら超不安;;



んで、出てきた問題は…

①ノーベル賞をもらったユダヤ人…(あと忘れました^^;)
②かつて、独裁者に由来した名をつけたこともあるバルト海沿岸の大都市
③超ウラン元素…(これも残りは忘却><)
④2億超の人口を持ち、イスラム教徒がいっぱい…(あとなんでしたっけ^^;)

歴史・地理・物理…とゆか、
ユダヤ人・独裁者・ウランって、
なんだか戦争のニオイがするのは気のせいでしょうか??
やっぱりトラ頭らしい問題でしたwwww

そんななか、
最強のぐるーぷ♪

心強いお仲間たちの知識が豊富でして、
すべての問題で二人以上が即答できて、
すぐに答えを伝えておかいものに向かうことができましたヽ(´▽`)/~♪

メンバーにも恵まれましたし、問題そのものもハマった気がします^-^-^-^-^


おかいものは、
わたしの行き先はヒホン・ファロ・ファロ♪

ヒホンからの帰り道に、
妨害役ののーきんさんがいらっしゃいましたが、
そののーきんさんはNPCとおしくらまんじゅうしていまして運よく素通りww

結局、襲われることもなくわたしもみんなも無事おかいものもできて…

全問いちばんのりで完全優勝できました☆⌒(*^∇゜)v ヴイッ


優勝賞金100M(高額@@;)と、
海軍出動依頼書を頂きましたヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪

これで、
冒険の途中で海戦しなくちゃいけなくなってもだいじょぶそうですね~^-^-^-^-^


こうゆうみんなで楽しむイベントは久しぶりでしたのでとても楽しかったですヽ(´▽`)/

ピコピコハンマー4周年記念^-^

参加された皆様、
運営してくださった皆様、
ホントにお疲れ様でした~&アリガトでした~(^-^)ノ~~・:*。・:*:・°'☆
スポンサーサイト

マヤ遺跡の典型
外洋に残った考古学&宗教学のクエストをこなすためにサンジョルジュへ♪
これであとふたつ

アフリカの神様をみつけたのち…

あふりかから新大陸へ

ふたつ残っていた新大陸行きクエストのうちのひとつが出てきました!


最強の戦士の物語

この当時では神聖な儀式だったとはいえ、
いけにえってなんだかイヤですよね><

そのいけにえになった最強の戦士の武具、
このお面みたことある!

ああーっ、このお面のことだったのねヽ(´▽`)/とひとり納得ww



そして、新大陸でのこっていた(とゆか出てきてくれなかった)、
星のせんそ??

このクエストを引っ張り出して受けます♪


優越王の変遷

時は6世紀の頃、
ムトゥプル(=ティカルともいいます)・カラクムルともに古典期マヤを代表する大都市でした。
このカラクムルが7世紀のはじめにムトゥプルを圧倒し全盛期を築きます。
この全盛期は約60年ほど続き、
ムトゥプルの王族が立てた国(ドス・ピラス)をもそそのかしちゃうくらいでした、が…

それからわずか10年後、
ムトゥプルがカラクムルを破り、
それ以降カラクムルは衰えていったようです><

そのムトゥプル復活に力を貸したのがパカル王であり、
そのパカル王の拠点だった都市が…
天文台の前で♪

パレンケですヽ(´▽`)/~♪


ホンモノはこんなのです^-^
パレンケの宮殿

これが宮殿だったそうです。

こっちは宮殿

うんうん、そっくりに作ってますよね^-^


碑文の神殿?

こっちは『碑文の神殿』と呼ばれる建造物…だと思うです^^;


空がどんよりなのがちょっとざんねんでしたけれど、
パレンケつながりのクエストが結構あるのでたのしみ楽しみヾ(´ー` )ノ

アイリッシュ海のまんなかで
グレートブリテン島とアイルランド島にはさまれたアイリッシュ海。
その真ん中に、
アイリッシュ海のまんなか

マン島という小島があります。

人口は8万人強、
『イギリス領』ではなく王室の直轄領なのだとか。
英語でもアイルランド語でもない『マン島語』と呼ばれる別の言語もある島です。


そんな島にまつわる伝説…
伝説の魔剣

どんな鎧でもバターのように切ってしまう剣!
話半分としましても、
ちょっと陸戦やってみようかしらん…なんて思っているわたしには興味のある剣です♪


剣の由来は、
魔剣の由来

海神マナナンが太陽神ルーに貸してあげた剣で、
一度鞘から抜くと、
その刃からはだーれも逃げられず、
投げても自分で手元に戻ってくる…

おとぎばなしの世界にある剣ですね^-^-^-^-^



そのマンガみたいな魔剣、
海の神様??

不気味な船


それを護るだれかさんがいらっしゃるようですが、
やっつけちゃった^^;

小船だったようでして、
くるっぱのままなーんにも考えず体当たりしてやっつけちゃいました^^;


さて、剣のありかへ向かいますが、
魔剣のありか




さいしょにここへ訪れた時の開錠はR10。
地図でしたら開錠ランクが足りなくても開けることができるのですが、
クエストの場合は無理だったのですね><


そして、
開錠がランクアップしてR11になり再チャレンジ!
はじめての伝説剣♪

はじめての伝説剣ですヽ(´▽`)/~♪


ほかの伝説剣はまだまだ手にできなさそうですし、
とりあえずこの魔剣を鍛えようかしらん^-^-^-^-^

開錠がようやく…
今のスキルでできる、
よろっぱ発最後の考古学&宗教学のクエストは、
セビリア発の最後

なぞの民族にまつわるお話の続編でした^-^


そして…
うみたみ鎧

開錠R10なった♪

発見と同時に、
フリーダの開錠がとうとうR10になりましたヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪


開錠って、
ほかの冒険系と比べるとものすごーくスキルアップしにくいって印象だったのですが、
フリーダのスキル

考古学や宗教学よりも開錠のほうが上回っちゃってたのですね@@;

『開錠あげ!』みたいなのはしたことないのですけれど、
手にした地図はすべて(たとえどんなに価値の低い地図であっても)発見していたことが、
開錠>おべんきょスキル、になっちゃった理由かもしれませんね~^^;


ついでに王妃はといいますと、
王妃のスキル

開錠が考古学や探索を逆転するのもそう遠くはなさそうです^^;



ついでに、
最後の最後にひとつ残っていたセビリア発のクエストをやってみました。
これがホントの最後

さいきん追加された連続クエストの第一話のようですね^-^

レコンキスタ

レコンキスタの英雄


おはなしにもありますように、
イベリア半島の多くは8世紀のころイスラム系王朝(ウマイヤ朝)に占領されちゃいます;;
11世紀にウマイヤ朝が分裂したため、
キリスト教勢力が国土回復(レコンキスタ)を行い、
13世紀には南部(マラガのあたりです)に存在したナスル朝だけが残っている状態でした。

ところが、
イベリア最後のイスラム系王朝・ナスル朝がこのあと250年も延命します。

ナスル朝の都・グラナダが難攻不落の地だったってこともあるのですが…

当時イベリアに存在した国のうち、
アラゴン王国(バルサやバレンシア付近にあった国)は、
ナスル朝と争うより地中海方面進出を選択。
ポルトガルはアフリカ方面進出を目指して大西洋に目を向け、
ナバーラ王国(ボルドーの下あたりにあった国)はナスル朝とはくっついていなく、
カスティーリャ王国(イベリアの真ん中にあった国)だけがナスル朝の相手をしていました。

このカスティーリャ王国も、
連合王国のような体制でしたのでどこか分裂状態が続き…

カスティーリャとアラゴンがひとつになってスペイン王国となり、
(アラゴン王とカスティーリャ女王が夫婦なのです)
力を合わせてグラナダを陥落させたのは15世紀末の1492年。

そのころ、
ポルトガルは喜望峰に到達し、
アフリカの西岸・東岸を開拓し莫大な利益をあげていました。

スペインがレコンキスタにてこずっている間に、
ポルトガルが1歩も2歩も航海事業で先に行ってしまい、
スペインはやむを得ず西…新大陸に向かっていったのですね。

そゆ意味では、
スペイン側の大航海時代におっきな影響をあたえた出来事の連続クエストと言えますね~。



そのレコンキスタ終焉の地グラナダにあるナスル朝の王宮・アルハンブラ宮殿、
あるはんぶら宮殿

よろっぱ文化とイスラム文化が融合した建築物の傑作と言われているのですが、
DOLの世界で遺跡発見物として出てきてくれればいいのに…なんて思ったり^^;

いずれ追加してくれないかしらん^-^-^-^-^

因縁のくみあわせ
…そういえば、
ぶろぐを引越ししてから1年が経ちました^-^

そのせいかどうかわかりませんが、
さいきんちょとさぼり気味><

一足はやい五月病かしらん^^;


一方、王妃とフリーダはと言いますと、
あいもかわらずよろっぱで考古学&宗教学クエストの日々なのですが、
いまのフリーダのスキルでできるクエストがどんどんなくなってきました^^;

んで、
どれだけ残っているのかチェックしてみますと…
(前提になまもの・美術・財宝が必要だとできないものとして)

・よろっぱでクエスト残っているのはセビリアだけ
・サンジョルジュにあとみっつ
・『ぱれんけ』とそれにつながるクエストが未達
・リマに出てきた新クエストがひとつ

開錠がR10ですので、
伝説剣クエストはいまできないのですが、
それにしましても結構こなしていたみたいですね~@@;

これだけ冒険を楽しんでいますと、
”因縁のくみあわせ”みたいなものもあったりしまして、

なぞの民族とヒッタイト

今から約3700年前、
史上初めて鉄器を使用し一大強国となったヒッタイトと、
それを滅亡させたなぞの民族集団『海の民』の遺品。

ラバルナ王はヒッタイトのさいしょの王様ですね。

エジプト最強時代の王・ラムセス2世と激突して互角の戦いを演じるのは、
ラバルナ王の時代から約400年後、
でもその100年後には『海の民』にやっつけられてしまいます;;



二人の因縁

ローマとパルミラの物語

今から2300年前に栄えた近東の王国・パルミラ。
そのパルミラの王妃・ゼノビアの男勝りの武勇と、
それをねじ伏せようとするローマ皇帝・アウレリアヌス。

結局パルミラは負けてしまい、
ゼノビアはローマで自ら死を選んだとも、
厚く遇されて華やかな余生を送ったとも言われています。



地中海の愛の物語

ローマ皇帝とエジプト女王

これはもう説明の必要もないくらい有名なおはなしですよね^-^

映画にもなっていますし、
最近ではテレビでも特集されていたりしますよね~

結局は、
カエサル暗殺後に皇帝となったアウグストゥスにエジプトを占領されちゃいます><


こうやってみますとちょっと感慨深かったりしますね~^-^-^-^-^
Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。