FC2ブログ
「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最北の地からの依頼
決して多くの冒険クエストがあるわけではないストックホルムですが、
美術クエストだけは比較的多く用意されています。

そのうちのひとつ、
大物が出てきました

ルネサンスを代表する大物のクエストがでてきました^-^

どうしてストックホルムから?という疑問もなくなはいのですけれど…^^;


このクエストの説明文に出てきている『ヴィーナスの誕生』は、
ひとつめの代表作

女神様が、
成熟した大人の女性として海より誕生し出現した様子を描いています。

ホンモノはこちら。
ヴィーナスの誕生

左手から息を吹きかけているのは、
霊的情熱の象徴である西風ことゼフィロス様。

そう、サーバー名になっているゼフィロスですヾ(´ー` )ノ

この絵はボッティチェリの代表作で、
15世紀の終わりくらいに描かれた絵ですね。
DOLの世界ではヴェネツィアの元首様のおうちに飾ってあります。



で、このクエスト。
ボッティチェリの業績

ここに出てくる『マニフィカートの聖母』はこちら。
マニフィカートの聖母

たしかに美しいです。
でも、この情報をくれた方と同じく、
わたしも『マニフィカートの聖母』より『ヴィーナスの誕生』のほうがキレイと思ってしまいます^-^



さて肝心の発見物ですが、
ふたつめの代表作

フランス・マルセイユの離宮に飾られていました。


ホンモノはこんなのです。
プリマヴェーラ-修復前

絵のタイトル『プリマヴェーラ』、
イタリア語で意味は『春』なのだそうです♪

真ん中の女性が女神ヴィーナス様、
その上にいるのが息子のキューピッド君です。
左端にいるのがこの庭園を守っているマーキュリー。

右手で女性を追いかけているのが『西風』ゼフィロス君、
追いかけられている女性はクロリスさんといいます。



ゼフィロス君はクロリスさんをたいそう気に入り、
むりやりお嫁さんにしてしまいます><

ゼフィロス君はこの行為を恥じ入り、
クロリスさんを花の女神フローラ様とし、
花の女神サマはこうして常春の庭園を手に入れることになったそうです。

その花の女神サマはヴィーナス様の右隣に描かれています。


この絵の右側は、
クロリスさんの誘拐とフローラ様への変身というふたつの題材をモチーフにしているのですね。

そうしてみてみますと、
フローラ様は微笑んでいますけれど、
クロリスさんはなんだか怖がっているような…。゚(゚´Д`゚)゚。


もう…ゼフィロス君なにしてるんだか(`・ω・´)
わたしのいるサーバーの冠名になってるんだからしっかりしてよ!



ちなみにこの絵は最近修復されまして、
プリマヴェーラ

このように色鮮やかになりましたヾ(´ー` )ノ


ここで挙げた三作、
いまではイタリア・フィレンツェのウフィツィ美術館に収蔵されています。



フィレンツェかぁ…行ってみたいわ…いつの日か行く機会があるのかしらん^^;
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

新アレクサンドリア図書館いきたいぞ~~
おひさしぶりです、グレンの中の人です^^;

良い絵は本物を見に行きたいものですよね
真贋見分けつきませんが。。。

フィレンツェとか行ってみたいですが、飛行機怖い&ツアーとか嫌いな性分のせいで国内旅行どまりです^^;

先月ですが青不動明王見に京都にまた行ってましたとさ

追記
「アレクサンドリア・ベルガモ 図書館」 で検索したらこのBlogにあたるとは、恐るべし
ぐれ | URL | 2009/12/12/Sat 02:01[EDIT]
わたしもアレクサンドリア行きたい!
to ぐれんさん

ちょーおひさしぶりですヾ(´ー` )ノ

「ツアーやだ><」って、
ものすごくぐれんさんっぽくって妙に納得してしまいました^^;

ちなみにわたしも、
トルコ&ギリシャはツアーで行ったのではないのですね^-^
おともだちふたりでわがまま放浪記してましたヽ(´▽`)/

フィレンツェと言わず、
イタリアならどこへでも行ってみたいですね~
でもわたしが行くと、
美術品めぐりよりパスタツアーになっちゃいそう^^;;
絶対王妃 | URL | 2009/12/16/Wed 23:48[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。