「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べてばっかり♪part.2
ホントはすぐに書くつもりだったのですけれど、
ばたばたしているうちにちょとメンドウになっちゃって…><

とゆことで、
またたべもののおはなしです^^;



…と、その前に、
いまこれを聞きながら更新しています^-^



ハンガリーのヴァイオリニスト、
Edvin Martonの曲を集めたものです♪

彼の扱うバイオリンは、
スイス銀行から生涯貸与された数億円もするストラディバリウスなのだそうです@@;

とにかく、演奏がカッコよくってステキですヾ(´ー` )ノ

なぜ彼の曲に興味を持つようになったのか…とゆお話はまた後日w
(わかる方にはわかっちゃいますよね^^;;)




…はなしを戻して食べ物にww

先日、
四国の西のはしっこのほうに行ってきましたヾ(´ー` )ノ

なぜそんなところに、ですって?

これを食べに行ってきましたヽ(´▽`)/~♪
混ぜる♪

宇和島名物の『鯛めし』です♪

とあるバラエティ番組の企画に『地名しりとり』というものがあり、
芸人さんが行った先々の現地人に、
『いったことのある場所をしりとり形式で挙げてもらい実際にその現地へ行く』
これを繰り返してある地域まで戻ってこられれば終了…みたいな企画だったかしら^^;;
(ごめんなさい、番組自体わたしは見ていないのです><)

その企画の総集編で、
『行った地域で食べたもののなかでおいしかったものは?』
をその芸人さんがあげていき、
一番だったのがこのお店「とみや」さんの鯛めしだったそうです♪

愛媛県でよく食される『鯛めし』は炊き込みご飯型なのですが、
ここ宇和島では生の鯛の切り身を使います^-^

元はこんな感じ。
お出汁と鯛の切り身

鯛の切り身や海草が盛られ、
もう一方には甘めのお出汁になまたまご。

切り身ぜーんぶをお出汁に入れてたまごといっしょにまぜまぜして、
それをご飯の上にかけて食べます^-^






一言で言ってしまいますと『鯛卵かけごはん!』なのですが、
上品でちょと甘めのお出汁がたまごや鯛の切り身と合っていて絶妙です♪

これホントにおいしいですo(*^▽^*)o~♪

このお店では定食としてお出ししているものでして、
ごはんは米びつに入っていてちょうどお茶碗2杯分くらいの鯛めし作れちゃうのですが、
あっというまに食べきっちゃいました^^;

一度食べ始めますとお箸が止まらなくなっちゃう、
そういう「あとを引く」味付けですww

ちなみに、
この番組の総集編でお店のご主人が出張して出演者に鯛めしを振舞ったそうですが、
出演者は一瞬で平らげちゃったそうです^-^



宇和島名物といえばもうひとつ!
じゃこ天^-^

じゃこ天です♪

このお店では(宇和島ならどこでも、かしらん?)、
さっとあぶって大根おろしと合わせて食べますヾ(´ー` )ノ

これもおいしかったです^-^結構弾力あるのがいいですね♪



食べ物のお話ばかりでもなんですので、
ちょびと観光のおはなしでも^^;;
与島から瀬戸大橋を

もう多くの方が訪れたことのある…と思われる瀬戸大橋です。
晴天の日に渡るといい眺めなのですが、
この日はあいにくの曇天><(しかもこのあとは雨…;;)

こうして写真を撮るなら夜のほうがよかったかしらん?



雨天の宇和島城

雨天の宇和島城です^^;

築城されたのは藤堂高虎サマというお方。
さいしょは淀君のパパ様にお仕えし、
主を何度も変えつつ最後は徳川家に仕え伊勢津藩(三重県ですね)を任された大名だそうです。

その藤堂サマが宇和島藩の面倒を見ていたのですが、
彼が転封になり、お城の主が転々とし、最終的にここを治めることになったのは…
独眼竜サマ

皆様ご存知『独眼竜』の長男にあたる伊達秀宗サマです。

このお名前、
『宗』の一字は独眼竜サマから、
『秀』の一字は太閤サマから頂いたものだそうですが、
太閤サマの影響が大きいことと,
おかあさんが正妻じゃなかったことが災いして家督を継げませんでした;;

大阪冬の陣での戦功として宇和島一国を独眼竜サマが頂いた際に、
家督を継がせられなかった秀宗サマを分家して「もうひとつの伊達家に…」と考え、
この長男に多くの家臣をつけて宇和島へ送り出したそうです。

わたしがわかるのはこのくらいです;;
詳しいことは歴史好きな方にお聞きしてみてください^^;


…とにかく、
海の世界と(むりやりにでも)話をつなげられてよかたですヾ(´ー` )ノ



夜はもちろん、
道後おんせん^-^

日本三古湯のひとつ、道後温泉でゆっくりとo(*^▽^*)o~♪
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2010/04/22/Thu 15:34[EDIT]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/01/26/Sat 05:34[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。