「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女神の集う場所
過去のアップデート記録をしらべてみました。
東南アジアが実装されたのは2006年12月。
約2年も前のことだったのですね~^^;

”La Frontera Chapter 2「Angkor」”の大きな見せ場のひとつ…
アジア屈指の名物遺跡

ようやくお目見えできそうですヽ(´▽`)/~♪


アンコール王朝ってこんな国だったそうです。
王朝の歴史


このアンコール遺跡、
以前におともだちと行く予定を立てていました。

予定といいましても、

おともだち:なーなーカンボジアいっしょに行けへん?

王妃:え!アンコールワットやろ!?行くいくーっ♪

という程度のものでしたけれど…^^;


そのおともだちが行くつもりにしていたのは真夏でした。


王妃:真夏のカンボジア!?マラリアとか変な病気なるんちゃうん?

おともだち:あぁーっ、そうかもしれへんなぁ;;季節変えよかぁ…



…そのままこの旅行予定は立ち消えになっちゃいました><

今にして思えば、
病気になろうがなんだろうが行っておけばよかった…と後悔しきり;;



そゆ思いもありますので、
このクエストだけはおもいっきり観光者気分で行ってまいりましたww



…と、その前にアンコール王朝についてもちょっとおべんきょ___ψ(‥ )

アンコール王朝は、
9~15世紀に東南アジアに君臨した王国で、
その領土はカンボジアだけではなくタイ・ラオス・ベトナムにも広がっていたとか。

この遺跡はアンコール王朝の首都跡で、
建設に関わった二人(スーリヤヴァルマン2世・ジャヤヴァルマン7世)は共に12世紀の王様です。

スーリヤ~がアンコールワットの、
ジャヤ~がアンコールトムの建設に深く関わっているそうです。

アンコールワットの北側にアンコールトム、という位置関係。


ヤーディンの奥地である「シェム・リアップ」という地名、
意味は「シャム人(=タイ人)の負けた場所」です。

アンコール遺跡ができてから数百年後の16世紀、
この場所でアユタヤ王国(タイに興った王朝)を破ったことからついた地名だそうです。

ちょうど大航海時代のときについた地名なんですね~@@




…でも結局はおべんきょそっちのけで、
行く場所、行く場所、SS撮ってばっかりのおばかさん観光客でしたwwww
アンコールのどこかの門

彫像いっぱい!

アンコール全貌

中はこんなの^-^


見ればみるほど本物のアンコール遺跡を見たくなっちゃいます><

本物の写真もついでに…
あんこーる-2

あんこーる-1



ちなみに、
「悠久の微笑み」を前提にしたクエストがいくつもあり、
アンコールの仏像たち

当時の王妃様や女神様の彫像をたくさん見ることができます♪




でも…やっぱりホンモノを見たいですよね~^^;
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

冒険頑張ってるね~♪
アンコール遺跡、あたしもリアルで見たいよ-
きょうこ | URL | 2008/10/28/Tue 02:26[EDIT]
旅行に行きたい!
…でも時間がなくってどうしようもないですので、
仮想の世界で旅行している気になってあっちこっちしていますー^-^

いちおう”海の世界”ですけれど、
もっともっと上陸地点いっぱい作って、
いろんな建造物みられるようになったらいいなぁ…とか思う今日この頃です^^;

たーじまはーるとか、いまーむ広場とか、さまるかんどとか実装してくれないかしらん(笑
絶対王妃 | URL | 2008/10/28/Tue 22:51[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。