FC2ブログ
「大航海時代Online」Zephyrosサーバーで東奔西走するポルトガル人・絶対王妃とイングランド人・Anni-Fridの勝手わがまま気まま航海録

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフィア
はろうぃーんイベントでは、
なんどもアムステルダムへ足を運ぶことになるのですけれど、
ふとギルドをのぞいて見ますと、
かれーの困ったさん

よくわからないクエストが^^;


ダブリンと往復しているのでカレーは通り道だからちょうどいいかしら^-^

と思い引き受けてみます。





カレー郊外の屋敷…ん!?

屋敷???
箱入り娘の押し売り><

お屋敷??


お屋敷なの????

ま、それはいいとしましても…あまえんぼ娘の押し売りですか^^;;


リスボンの少女や、
ストックホルムの元No.1看板娘のお話
はもちょっときちんと作られていたのに…



押し付けられたものは仕方ないので連れて帰って教育することにしますww
世間知らずの箱入り娘

ちゃんと躾ができましたら、
そのお礼にいっぱいゴブラン織買わせてくださいね!


…なんて希望は聞いてもらえるわけもなく^^;






場所は変わって、
この時代の”世界の中心”…
あやそふぃあ

ぽっちゃりまんまる(!?)にみえるフリーダの背景にあるのは、
イスタンブールにある教会『アヤ・ソフィア』。
この当時は”教会”ではなく”モスク”ですね^^;


最初に建造されたのは今から1600年前以上!
消失や地震、または設計不良によりたびたび補修・改築され今に至っています。

東ローマ帝国では、
建築物としても教会としても最高の位置にあり、
11世紀に起こったカトリックと正教会の分裂の舞台にもなりました。

15世紀にオスマン帝国に占領されたのちも、
建築物としての格式の高さから破壊されずにモスクに転用され、
20世紀になりオスマン帝国滅亡後は歴史の1ページとして一般開放されています。

これだけの建造物なのですから、
オブジェにせずちゃんとした発見物扱いでもいいのに!とか思ってしまいます^^;



ちなみに今のお姿は…
あやそふぃあホンモノ

こんな感じです。

イスタンブールの旧市街地、
幾分しずかな場所にありますね。

内部の写真はウィキペディアにてご覧くださいませ^-^


正教(キリスト教)のモザイク画のなかに、
ミフラーブ(マッカの方向に設けられる窪み、ここに向かって礼拝するのね)があったり、
アラビア文字があったりで非常に不思議な空間です。

わたしみたいになにも知らなくても、
直感的に歴史を感じることができる場所だと思います。


ただ・・・
写真で見るような幻想的な感じは受けなかったのですけれどね^^;

わたしが行った時は一部改装中だったからそう思ったのかしら…


パルテノン神殿もそうですけれど、
わたしが行くときはどうしていつも改装工事中なの!?

運がないのね、わたし;;



歴史的価値の非常に高い建築物ですので、
行く前にもちょっとおべんきょしてから行けばよかったなぁ…といまでは思っています^^;






以上、むりやりこじつけのお話でした!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ふたり勝手わがままきまま ~続・おかいもの日記~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。